CHELSEA'S NOTE ~ 英国が好き!

心が求めて止まない国 英国。  美しい英国の街や村をぶらっと散歩している気分になれるような               そんなページを作っていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
SMALL TALK

コッツウォルズのティールームの写真がもう1枚ありました。
こちらもブロードウエイのお店です。

このお店の名前を聞くと紅茶のある楽しいひとときの
イメージがぐ~んと膨らみます。
印象に残る名前ですね。

ショーケースを眺めるお2人 仲のいいご夫婦なんでしょうか。
なにげないようでいて 見れば見るほど
そのファッションのさりげないセンスの良さに
うなっちゃいます。
特に奥様が素敵♪
雨の日にここまでおしゃれができるとは!


このページのトップへ
THE PUMP ROOM 1

9月はイベントに始まりイベントに終わりました。
どれもとても楽しかったです♪
ほんの1ヶ月のことなのになんだか半年分の出来事があった気がします。

さてさて10月になり 紅茶もますます美味しく、
また百貨店では英国展なども催され
いい感じになってきました。

こちらのブログもまた英国編に戻りましょう。
これはバースにある今でも鉱泉が沸いている
ローマンバスという世界的に有名な観光地にある
これまたとても有名なティールームです。

中には昔の社交場そのままに豪華な大広間があり
それはそれは優雅なお茶の時間が楽しめる  ・・・そうです。
そう。入ってません。
お買い物に時間がかかりすぎて間にあいませんでした(T-T)
16:30までって 閉店時間早すぎませんか???


THE PUMP ROOM 3


THE PUMP ROOM 2


このページのトップへ
The Cottage Tea Rooms1
コッツウォルズの中にかわいいアンティークショップや
ティールームがあるストウ・オン・ザ・ウォルドという
村があります。

昨年この村にガイドブックでみつけたお目当ての
ティールームがあり 楽しみに行ってみると
そのティールームはなんと閉店して
売りに出されているというショッキングな出来事がありました。

ところが♪
今年再び訪ねてみると なんと経営者が代わって
またオープンしていました。
内装は花柄の壁紙やストライプのクロスがとてもかわいくて。。。
スコーンもお茶もおいしい素敵なティールームでした。

Tea Rooms in Cotswolds 1
去年のショッキングな画像。

The Cottage Tea Rooms4
今年の幸せな画像。

The Cottage Tea Rooms2
若くて仲良しの新オーナーさん。

The Cottage Tea Rooms3
いつまでも居たくなるかわいらしい内装

このページのトップへ
The Mashmallow2
こちらは モートン・イン・マーシュという村にある
The Mashmallowというティールーム。

お店の奥にはグリーンたっぷりの明るいコンサバトリーが
あって、気持ちのいい5月の光があふれていました。

英国では ティールームでもポット用のティーバッグで
紅茶がサービスされることが多いのですが、
こちらでは とても良質なリーフティーが
いただけました。

The Mashmallow3
ティーバッグを使うティールームが多いので
ティーストレーナー(茶こし)を見ることは
意外と少ないんです。


The Mashmallows1

このページのトップへ
snowshill manor 4

snowshill manor併設のティールームです。
中はカフェテリア方式でとてもカジュアルな感じ。

テーブル上のグリーンのボトルはイギリスの夏の飲み物
エルダーフラワーのジュースです。
エルダーフラワーは初夏のイギリスにたくさん咲いている
ハーブです。(薬効はいろいろ言われているそう)

水やソーダで割って飲む濃縮タイプのものと
あらかじめソーダで割って瓶詰めにされたものが
売られています。

少しマスカットに似た風味で適度な苦味もあり
とってもおいしいさわやかな飲み物です。

snowshill manor 5

snowshill manor 6
このページのトップへ
The Bantam Tea Rooms

Chipping Campden という少し大きめの村のティールームです。
画像右隅に’TEA GARDEN OPEN'の看板が。

お店の奥にずんずん進むと表からは想像のつかない
素敵なオープンスペースがありました。

屋内のお部屋もとても居心地よさそうなのですが、
みなさんやっぱりお日様が恋しいんですね。

The Bantam Tea Rooms1

The Bantam Tea Rooms2

このページのトップへ
chipping campdenのティールーム

The Bantam Tea Roomsの並びにあった
ティールームです。
入り口から覗くとおいしそうなスイーツのテーブル。
ふらふらっと入ってしまいそう。。。

chipping campdenのティールーム1
このページのトップへ
Campden Houseのオープンディ11

極上のガーデンを堪能した後は
いよいよお茶の時間です。

伝統と格式に満ちたこの古いマナーハウスの一室が
今日は特別にTea Roomとして一般に開放されていました。

Campden Houseのオープンディ12

中に入るとこんなお部屋でした。
ペルシャ絨毯に花柄のファブリック、暖炉にアンティークの家具
壁には当主の肖像画 と
まさにイングリッシュなお部屋。

Campden Houseのオープンディ13

カフェテリア方式で 好きなスイーツを選んで
好みの飲み物をいただきます。(有料)
たくさんの人が三々五々やってくるので、
お盆の上に並べておいたティーカップのうち
半分くらいにはあらかじめミルクを入れておいて
注文に応じてミルクティーorストレートティーを
作り分けていました。(参考になりました~)

Campden Houseのオープンディ14

初夏の幸福な紅茶のあるひととき。
素敵です。


このページのトップへ
Juris.jpg

ウィンチカムにある日本人女性の宮脇樹里さんの
ティールーム 「Juri’s」
賞を取った有名なティールームです。

Campden House があまりに広大だったため
時間を取り過ぎてしまい、
閉店時間に間に合いませんでした(T-T)

ウィンチカムの猫

このページのトップへ
HIDCOTE MANOR GARDEN15

ヒドコートマナーガーデンはフランス育ちのアメリカ人
ローレンス・ジョンストンという人が
アーツ&クラフツ運動や
ミスジーキル(ミスジーキルの庭Ⅱ
の影響を受けて
作ったガーデンだそうです。

別世界のようなガーデンにうっとりしっぱなしでしたが、
ティールームがまた素晴らしくて。。。

HIDCOTE MANOR GARDEN16

明るくて木のぬくもりが感じられるかわいいお部屋の奥に進むと
窓からグリーンが目にいっぱい飛び込んでくる
洗練された感じのコンサバトリー。

HIDCOTE MANOR GARDEN19

ドアの色 壁の色 アンティークの木の色
その色合いがなんともいえず快適な空間を演出しています。

HIDCOTE MANOR GARDEN17

今回は英国の伝統的なお菓子 ヴィクトリアンサンドイッチを
オーダーしました。
しっとりしたバターケーキのようなリッチなスポンジ?の間に
たっぷりのストロベリージャムとバタークリームが挟まれていて
これが紅茶にとてもよく合いました。

HIDCOTE MANOR GARDEN18

ガーデンに咲き誇る花々を見て、麗しい香りを楽しみ、
壁に添うバラの花びらの柔らかい手触りを感じて、
風にそよぐ木立や水の音を聞いて…
五感で楽しむガーデンは おいしいティーで完結します。
なんて贅沢なひとときでしょう。

日本でこんなティータイムを提供できるようになるのが
私の夢です。

~ 1 JUNE 2009 ~

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Shiki N
  • Author: Shiki N

Search

Calendar

08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。