FC2ブログ

CHELSEA'S NOTE ~ 英国が好き!

心が求めて止まない国 英国。  美しい英国の街や村をぶらっと散歩している気分になれるような               そんなページを作っていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
hollandpark.jpg

ここはロンドンの西 ロイヤルケンジントン・チェルシー区にある市民の憩いの公園Holland Parkです。
ここには必見の名庭園があります。

KyotoGarden1.jpg

京都庭園」という見事な日本庭園があるんです。
この庭園は1991年に開催されたジャパンフェスティバルの催しのひとつとして造られたものです。
作庭にあたったのはすべて日本から派遣された京都の庭師のみなさん。
美の粋を集めて造られた本物中の本物の日本庭園です。

KyotoGarden2.jpg

日本庭園の代表的な要素である 石組 蓬莱山 亀島 鶴島 州浜 荒磯 灯篭 蹲踞(つくぱい)などがこの限られた空間の中に美しく配置されています。

KyotoGarden3.jpg

灯篭の左手前にあるのが亀島です。 
滝付近に大きな石で組まれた蓬莱山(仙人が住み不老不死の薬があるという山)とこの亀島、池の向こうにある鶴島を配することで不老不死や長寿を祈る蓬莱神仙思想を表現しています。
右手の水際にあるのが州浜 その奥の水際に張りだした石組が荒磯 これらは大自然の中の海辺の景色を愛でるために庭園に取り込まれたものです。

KyotoGarden4.jpg

左端に写っている石の島が鶴島。鳥の巣がそのままにされているのが英国らしいですね。
ちょうどサツキやアイリスが満開でとてもきれいでした。

国内の日本庭園と一番ちがうところが芝の色です。
この庭園の作庭にたずさわられた私の日本庭園の先生 重森千靑先生のお話では、この庭園の石や植物のほとんどが英国で調達されたものだそうです。
なのでこの芝も日本のものより色が明るく鮮やかです。
英国らしい陽気で明るいこの芝と落ち着いた日本庭園の趣のある組み合わせはここでしか見ることのできない特別なもので とても素敵でした。

KyotoGarden5.jpg

京都らしい蹲踞もありました。
手や口を清めるための器を「手水鉢」といって、そこにいくつかの役石を加えた全体を「蹲踞」といいます。
役石というのは手水鉢の手前にある前石、寒い日に湯を入れた桶を置いておく右手の「湯桶石」、夜に灯りとして使う燭台を置くための左手の「手燭石」、手水鉢の背後の「鏡石」です。
日本ではお茶事に使われることが多いものですが、ここでは公園に住む小鳥たちが水浴びに使っているかもしれませんね。
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

Shiki N
  • Author: Shiki N

Search

Calendar

07月 « 2018年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。