CHELSEA'S NOTE ~ 英国が好き!

心が求めて止まない国 英国。  美しい英国の街や村をぶらっと散歩している気分になれるような               そんなページを作っていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

4月29日~5月4日の期間
JR名古屋高島屋で開催中のガーデニングショウに
出店させていただいています。

今年のこのイベントのテーマは
「憧れのイングリッシュガーデン」

うっとりする素敵なガーデンと
英国のガーデンカメラマンによる作品展。


今日はイベント2日目ですが、
去年紅茶を買ってくださったお客様が
ブースに立ち寄ってくださって
声をかけてくださるのが もう嬉しくて♪


昨日と今日はアンティークレースを
協力出品してくださっている
Yoshiminさんも応援に来てくださってて
楽しかったです(*^^*)

スポンサーサイト
このページのトップへ
Chelsea Physic Grden5

ガーデンをゆっくり見た後は
併設のカフェレストランに立ち寄りました。
天井が高くて 明るくて清潔で都会的でオシャレな
ホントにステキなカフェでした。

オーダーしたのは、山羊のミルクのキッシュと
この季節らしいスイーツ サマープディング。
キッシュはコクがあるのにあっさりしていて
とてもおいしかったです。
たっぷりの野菜も嬉しい。

Chelsea Physic Grden6

Chelsea Physic Grden7

このオリーブ色とボルドー色のとりあわせ。
ため息がでるほどオシャレな色あわせですね~。

Chelsea Physic Grden8

お天気がよかったので プディングは
ガーデンに面したテラスでいただきました。
合席したサウジアラビア出身という上品なご夫人が
大の日本好きで いっぱい話しかけられて
オロオロ。。。

歌舞伎や芭蕉なんかがお好きなのだそう。
私が西洋大好きなように
彼女は東洋に興味津々なんですね きっと。


~ 7 JUNE 2009 ~

  このページのトップへ
Chelsea Physic Grden1

前回訪れた時は閉まっていて
門の外から指をくわえて見ていた
CHELSEA PHYSIC GARDENですが・・・

開いていました(^^)v
中にはどんな世界が広がっているのでしょうか。

Chelsea Physic Grden3

中はやっぱり 楽園でした~

Chelsea Physic Grden2

Chelsea Physic Grden4


~ 7 JUNE 2009 ~

このページのトップへ
チャリティーバザー

今日は関西日英協会のバザーがあります。
場所はなんと あの 神戸外国倶楽部!
ふだん外国人しか入れないあの場所に
どなたでも出入りできる貴重な機会です。

チェルシーガーデンティーは 今回小さな
ストール(お店)を出させていただけることになりました。

バラのパッケージのオリジナル紅茶ギフトや
先日入荷したばかりのDUCHESS社のティーセットなどを
テーブルいっぱいにディスプレイして
楽しんじゃおうと準備しています。

北野異人館めぐりがてら よかったらのぞいてくださいね。

このページのトップへ
6月のチェルシー3

またまた バラいっぱいの画像♪
チェルシー地区にある教会脇のローズガーデンです。
満開(^^)/

6月のチェルシー4


~ 7 JUNE 2009 ~

このページのトップへ
6月のチェルシー1

6月の英国はどこへ行ってもバラでいっぱいです。
カントリーサイドのコテージに添うバラが
一番好きな風景ですが、
ロンドンの街中のクラシックな建物とバラの相性も
とてもステキです。

画像はチェルシー地区で見かけた
美しいバラのある風景です。

6月のチェルシー2

~ 7 JUNE 2009 ~


このページのトップへ
The Royal Hospital Chelsea1

今日の画像はロンドン チェルシー地区の
THE ROYAL HOSPITALです。
ここは今日では 世界最大の花とガーデニングの祭典
チェルシーフラワーショウの会場として
知られています。

歴史をぐぐっと18世紀まで遡ると ここは英国の紅茶文化にとって
とても重要な役目を果たしたところです。

産業革命が始まったころに盛んになったコーヒーハウスが
廃れてきた頃に ロンドン周辺では、ティーガーデンが
大変流行りました。
ティーガーデンというのは、屋外でお茶を楽しみながら
散歩をしたり 音楽を聞いたり 花火を見たりできる
楽しい場所でした。

チェルシー地区のこの場所には ティーガーデンの中でも
特に有名で華やかだった ラネラーというティーガーデンが
ありました。
今でもこの並木の右側のところの公園にラネラーという名前が
残っています。

この並木も18世紀の人々が散歩を楽しんだままの佇まいで
残されているのかもしれませんね。

The Royal Hospital Chelsea2


~ 7 JUNE 2009 ~

このページのトップへ
RSVP第6号

英国のステキ満載の極上雑誌「RSVP」第6号が
発売されています。
毎号美しい写真と上質の文章でメロメロになる
ステキな雑誌なのですが、
今号は特に見ごたえ 読みごたえたっぷりです。

見ているだけで うっとりしてしまう
おいしそうなスイーツをめぐるカントリーサイドの記事なんか
何度みても楽しめますが、
やっぱり圧巻は巻頭の特集「ダージリン紀行」!
夜明けの空に浮かぶヒマラヤ山脈の写真は鳥肌ものです。
紅茶の世界 深くて素晴らしいですね。

そして 嬉しいイベントのお知らせもありました。
ロンドンでアフタヌーンといえば
昔から「ブラウンズ」ホテルです。
昨年度はトップティープレイスも受賞した
あのブラウンズのパティスリー・ヘッド・シェフが
来日してスイーツのイベントをしてくださるそうです。

それも東京だけでなく、大阪でも。
嬉しいですね~。
イベントの詳細は こちらをどうぞ。

それから それから
去年の6月に行って忘れられなかったティールーム
デボンのジョージアンティールームも紹介されています。
写真のスコーンが美味しそう!
その上 ティールームで出されているあのピンクローズのティーセット
紹介の記事まで掲載してくださっています。
もう感激!

このページのトップへ
日帰りで行く英国1

アウトドアが楽しい3月20日~5月30日の期間に
日帰りで行くことのできる英国が 出現しています。

場所はなんと淡路島。
こちらでは現在花みどりフェアという ステキなイベントが
開催されていて、その会場内に英国コッツウォルズそのままの村が
作られています。

日帰りで行く英国2

製作・プロデュースはもちろん京都のYUMEMI Factoryさん。
かわいいコテージが並んだ「花の村」を歩いていると
日本にいることを忘れてしまいそう。

コテージのまわりの小さなガーデンにも
洗練されたお花がいっぱい。
今は桜とモンタナが見頃です。

日帰りで行く英国3

いくつかのコテージをよく見ると
何本かのバラが誘引されていて
このバラが咲いたところなど想像してみるだけで
ステキすぎて クラクラします。

コテージで販売されているオリジナルのジンジャークッキーが
また 美味しくって。
濃い目に淹れたミルクティーと相性最高でした♪


このページのトップへ
KEW GARDEN 6

KEW GARDENは広大すぎて
有名な巨大温室まではとても辿り着けませんでした。
ローズパーゴラのあるエリアが
メインゲートから近くてよかったです。。。

KEW GARDEN 4

メインゲートです。
装飾がみごと!

KEW GARDEN 5

世界中の植物を集めているというだけでなく
日本庭園や日本の民家などが再現されているエリアも
あるみたいです。(辿り着けなかったT-T)
ここは その名も”Bonsai House”
Bonsaiは英国でとっても人気です。

KEW GARDEN 7


~ 6 JUNE 2009 ~ このページのトップへ

FC2Ad

Information

Shiki N
  • Author: Shiki N

Search

Calendar

03月 « 2010年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。