CHELSEA'S NOTE ~ 英国が好き!

心が求めて止まない国 英国。  美しい英国の街や村をぶらっと散歩している気分になれるような               そんなページを作っていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
ROCOCO GARDEN1

コッツウォルズにあるウィンチカムという村の
ROCOCO GARDENというところです。
名前の通り少しロマンティックな雰囲気の
ガーデンでした。

ROCOCO GARDEN2

私が訪れた6月始めはブルーとピンクのお花が
主に咲いていて その色合いがスイートな感じで
ツボでした。

ROCOCO GARDEN3

ガーデンにあしらわれたロココ調のモニュメントが
印象的でした。


~ 1 JUNE 2009 ~
スポンサーサイト
このページのトップへ
バラクラ ダリアウィーク1

9月19~23日 バラクラ ダリアウィークに
出店してまいりました。
ガーデンは今まさにダリアの大輪が満開で
その色の美しさに思わずため息がでるほどうっとりしました。

バラクラ ダリアウィーク2

今回のイベントになんと英国から素晴らしいゲストが来日!
ヨークにある老舗菓子店"Botham's"の4代目の当主自らが
5日間 英国の紅茶文化に関して
本格的なレクチャーをしてくださいました。
出店中にも関わらず バラクラの心優しいみなさんのご配慮で
私も全回しっかり受講させていただくことができました。

お話は多岐にわたり、特に英国の地方に受け継がれている
伝統あるローカルなお菓子の話や
様々なティーパーティーにまつわる話、
13人の子供を育てながらBotham's社を創業した
エリザベスさんのお話などを聞くことができて
私にとっては計り知れない貴重な機会になりました。

バラクラ ダリアウィーク3

出店させていただいたオランジェリーも
落ち着いた雰囲気のある建物で
ゆったり時間の流れる空間の中での
お客様との語らいや紅茶教室は
思い出に残るひとときでした。

バラクラ ダリアウィーク4

バラクラ ダリアウィーク5


このページのトップへ
Sudeley Castle10

お城の中の一部もミュージアムとして公開されています。
様式はチューダー ウッドのパネルが重厚な感じです。

Sudeley Castle11

こちらはファブリック&レースの展示コーナーです。
ゴージャスなバラ柄のファブリックや
繊細でロマンティックなレースは
ため息ものでした。

Sudeley Castle12


~ 1 JUNE 2009 ~


このページのトップへ
Sudeley Castle7

素晴らしいのはガーデンだけではありませんでした。
クラシックなお城の中に
クィーン気分をますます盛り上げてくれる
ティールームがありました。

Sudeley Castle8

高い天井に中世を思わせる調度品
色使いもとことんクラシックで格調高いですね。

Sudeley Castle9


~ 1 JUNE 2009 ~

このページのトップへ
Sudeley Castle4

クィーンズガーデンにあるバラのアーチです。
王冠とお城とバラ 憧れの組み合わせですね。

Sudeley Castle5

こちらはノットガーデン
とてもよく手入れされています。

Sudeley Castle6

バラの開花時期は品種によってかなり開きがあり、
こちらのガーデンのバラも見ごろは1週間後ぐらいでしょうか。

コテージに絡むバラもすばらしいですが、
お城を背景にしたバラもとてもロマンティックです。
ここにクィーンが佇んでいたら
美しい絵になりそうですね。


~ 1 JUNE 2009 ~


このページのトップへ
Sudeley Castle1

ここはスードリーキャッスル キャスキッドソンの
コッツウォルズ”行くべき”リストで紹介されていた
キャスさんおススメのガーデンです。

Sudeley Castle2

このお城はヘンリー8世の最後の夫人
キャサリン・パーの住まいだったお城ですが、
その後約180年も放置された間に
クロムウエル軍の攻撃に遭ったりして一部が朽ちています。
今は改修されてロマンティックなガーデンとして
公開されています。

Sudeley Castle3

~ 1 JUNE 2009 ~

このページのトップへ
KIFTSGATE COURT GARDENS7

ガーデンの風景の一部になっている
お屋敷の中の一室がティールームになっています。
こちらはカフェテリア方式でちょっとカジュアルな
雰囲気。

KIFTSGATE COURT GARDENS8

クリームティーには選択の余地なく
ストロベリージャムが添えられてくるところが
圧倒的に多いのですが、こちらは4種類ぐらいから
選べました。
チョイスしたのはブラックカラント。
ちなみにティータイムにはマーマレード系は
あまり使われません。

KIFTSGATE COURT GARDENS9

ここで 日本人の女性に出会いました。
私より随分お若いのに
お一人でレンタカーであちこち回ってらっしゃるとのこと。
あの年齢でそこまで自立して自分なりの道を
歩いている人もいるんだな~って感心してしまいました。


~ 1 JUNE 2009 ~
このページのトップへ
KIFTSGATE COURT GARDENS4

噴水のあるホワイト・ガーデンです。
やさしい色合いの可憐なガーデンと
背景の建物、ブルーのガーデンファーニチャーの
調和がすばらしいです♪

KIFTSGATE COURT GARDENS5

こちらはワイルド・ボーダーです。
実は何年も自分のPCの壁紙にこのガーデンの写真を
設定して 楽しんでいました。
まさにこの構図の写真です。
実際にその地に立つことができ 1歩ずつ踏み出して
その奥に展開していくまだ見ぬ景色を眺めていると
なんだか仮想の世界に踏み込んでいるような
不思議な感覚でした。

KIFTSGATE COURT GARDENS6

こちらは有名なローズ・ボーダー。
彫像の両サイドに濃いピンクのバラが
ぎっしり咲いて見事だそうなんですが、
まだ少し早かったみたいです。

~ 1 JUNE 2009 ~

このページのトップへ
KIFTSGATE COURT GARDENS1

ヒドコートマナーガーデンから至近距離にある
キフツゲートコートガーデンズです。

こちらのガーデンは1918年にここに移り住んだ
ヘザー・ムーアさんという女性が
ヒドコートマナーのローレンス・ジョンストン氏らに
アドバイスを受けながら作り始めたガーデンで
その後親子三代の女性によって受け継がれている
女性的なパステル調のガーデンです。

KIFTSGATE COURT GARDENS2

藤とバラの組み合わせが綺麗でした。

KIFTSGATE COURT GARDENS3

この円柱のある建物がガーデンの印象を
とても独特なものにしています。

~ 1 JUNE 2009 ~ このページのトップへ
秋のティーセミナー

9月19~23日の大型連休に
蓼科にあるバラクライングリッシュガーデン
開催されるダリアウィークに出展させていただくことになりました。

ガーデン内にあるオランジェリーというレンガ造りの
素敵な温室が 期間中は「ティーミュージアム」になります。
室内にはヴィクトリアンなアンティークや
カントリーテイストな羊の形のティーコージー
そしてチェルシーガーデンティーの紅茶が
たっくさん並んでブリティッシュな秋を演出します。

毎日午前11~12時にティーレクチャーも開催いたします。
英国式ゴールデンルールに基づいた美味しい紅茶のいれ方を
実演した後 実習形式で紅茶をいれていただいて、
本格英国式のオランジェリー内でティータイムを楽しんでいただく予定です。

レクチャーではこの秋の新作 麗しいバラの香りの紅茶
「ガーデンローズ」を使用するのをはじめ、
ポットもカップもテーブルクロスもすべてをバラ柄で統一。
日常を離れた優雅なひとときを過ごしていただけたら
と色々準備をしています。
実習で使ったのと同じ道具と紅茶がお土産につく
ティーレクチャー  定員は1日限定6名です。

秋の休日 バラクラの素晴らしいガーデンを見に
是非いらしてくださいね。
素敵な出会いを楽しみにしています。


レクチャーに関するお問い合わせ・お申し込みは 
こちらまでお願いいたします。

バラクライングリッシュガーデン TEL.0266-77-2019(担当:盛田さん)
メールでのご予約・お問い合わせはバラクライングリッシュガーデンHPから
オランジェリー1

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Shiki N
  • Author: Shiki N

Search

Calendar

08月 « 2009年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

 

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。