CHELSEA'S NOTE ~ 英国が好き!

心が求めて止まない国 英国。  美しい英国の街や村をぶらっと散歩している気分になれるような               そんなページを作っていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ


ロイヤルミルクティーの動画をアップした時に
今まであまりなじみのなかったYou Tubeに
ちょっと関心が湧いて いくつか動画を見るうちに
こんな動画をみつけました。

2006年に門の前まで行ったのに 閉園時間を過ぎていて
中に入れなくて とっても残念な思いをした
CHELSEA PHYSIC GARDEN
過去の記事 1 と 過去の記事 2

中はこんな風になっていたんですね。
やっぱり楽園だったんだ~。。。入りたかったです(;_;)
スポンサーサイト
このページのトップへ
Chelsea Physic Garden Ⅲ
今日は初の英国ロングステイの最終日。
今まで2回行って 2回とも閉まっていた
チェルシーフィジックガーデン
とうとう入ることができました。

世界最古の薬草園ですが、
とても美しくデザインされていて
新緑はきれいだし
色とりどりの花は咲いていたし
やっぱり楽園でした。

ガーデンには必ずあるティールーム。
テラス席で念願の
「チェルシー ガーデン ティー」
をしました♪

英国では 「きれい」と「おいしい」をテーマに
9つのイングリッシュガーデンと
26のティープレイスを訪れて
たくさんのことを見聞きしました。

とても勉強になりました。

写真もたくさん撮ったので
また 少しずつアップしていきますね。 このページのトップへ
Gardens MapGuide

「丹念に手入れされた美しいイングリッシュガーデンを
訪門したい」

そんな時 頼りになるのが
どんな町にもたいていあるツーリストインフォメーションに
置かれている 「Gardens map & guide」です。

地元の自慢の庭園の数々が美しい写真入りで
紹介されています。

今回 このGuideを手に訪ねた庭園は
どこも本当に見ごたえのある素晴らしいお庭ばかりでした。

このページのトップへ
Cerney House Gardens2

「Gardens map&guide」を見てサイレンセスターから
一番近いCerney House Gardensへ
行ってみました。

入場料はなんと自分で入れる木箱方式。
門の手前に写っているのがその木箱です。
 
朝早かったからか 他に誰もいなくて
ちょっと秘密の花園 のようでした。

Cerney House Gardens
このページのトップへ
snowshill manor

snowshill村にある牧歌的なマナーハウスです。
こちらはナショナルトラストが管理と運営をしているところです。

ナショナルトラストが保存・管理している建物やガーデンは
300を超えるそうですが、併設して運営しているティールームは
なんと140軒。
そのほとんどがお城を含む特別な古い建物の一部屋や
灯台や小屋など
ナショナルトラストならではのとってもイングリッシュな
ロケーションにあるそうです。

snowshill manor 2

snowshill manor 3
このページのトップへ
The Yellow Book1

ガーデニング好きの人々の国 英国では
有名なガーデンだけでなく
個人のお庭にも とてもとてもすばらしいところが
たくさんあるそうです。

そして その丹精込めたお庭を一般公開してくださるという
とてもありがたい庭園福祉活動が存在します。

その一般公開の1年間の予定が掲載された本が
The Yellow Bookとして毎年発行されていて
この本の売上と庭園の見学料が福祉に寄付されています。

自分の大好きなことでたくさんの人に喜んでもらい
そのことで助けを必要としている人々の役に立つ
なんてすばらしい活動でしょう。

↓の画像はThe Yellw Bookの中身です。
こんなふうにオープンガーデンの場所と予定
そして各庭園の詳細が掲載されています。

ティーの用意があるところにはカップのマークが
ついていて、普通のティールームとはまたちがった
ホームメイドなティータイムが楽しめます。

The Yellow Book2


このページのトップへ
Campden Houseのオープンディ

The Yellow Bookで探したオープンガーデンに
行ってみました。

ここはコッツウォルズのChipping Campdenという村にある
Campden Houseというお屋敷。
門を入ってから車で2kmぐらい走るとやっと建物が
見えてきました。
英国の貴族って 半端じゃないですね~。

Campden Houseのオープンディ2

庭園の入り口にグリーンのテントがあって
ここで今日の入場料£3.50を渡します。

Campden Houseのオープンディ1

敷地の中には 池やら谷やら羊のいる丘やら。。。

Campden Houseのオープンディ3

このページのトップへ
Campden Houseのオープンディ4

池や丘だけでなく お屋敷の裏手には
こんな素敵な裏山までありました。
裏山からの木立の間からふとお屋敷の方を
ながめてみると・・・

Campden Houseのオープンディ5

こんな美しい風景がありました。
裏山を通り抜けると またまた・・・

Campden Houseのオープンディ6

極上のガーデンが。。。

このページのトップへ
Campden Houseのオープンディ7

お屋敷の周りじゅうに素敵なガーデンがいっぱい!
こ~んなに気持ちよさそうな芝生つきガーデンや

Campden Houseのオープンディ8

フランス映画に出てきそうなモードなガーデンや

Campden Houseのオープンディ9

プールつきの涼しげなガーデンや

Campden Houseのオープンディ10

今 大流行の畑つきガーデンも♪

このページのトップへ
NINEVEH FARM4

朝食後にお庭を見学。
あまりに美しく手入れされたお庭、
宿泊客だけが見せていただくのはもったいなさすぎます。

こちらのB&Bは 表に掲げられていた看板の一番下のところに
★が5ツついていました。
B&Bにも格付けがあるみたいですね
5ツ星がたぶん最高ランク。
こちらのB&Bなら納得です。

NINEVEH FARM5

オーナーは朝からお庭のお手入れ中

NINEVEH FARM6

お庭に面した一角にはこんな本格的なコンサバトリーが。
英国の方たちが思い描くリタイア後の理想のカントリーライフは
こんな感じなのでしょうか。

~ 1 JUNE 2009 ~

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Shiki N
  • Author: Shiki N

Search

Calendar

08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。